ABOUT     GALLERY     PROFILE      BLOG     INSTAGRAM    CONTACT

FEEL

感じるままに

#22 一枚の看板

2019年04月15日



先日訪れた千葉の道中で見つけた一枚の看板

そこにはシンプルに「パン」と書かれてありました
そして手書きのまたシンプルなパンの絵
一旦通り過ぎたのですが
妙に気になる
だって、この時代、どうやって戦略するか、とか
いかに響くキャッチコピーを生み出すか、
なんてのが飛び交っている中で、
パン、ってただ一言ですよ
しかも絵がシンプルすぎる

引き返しました
確かめたくて

しかし、おやすみでした(笑

でもそこにすご〜く自由さを感じました
凝り固まらない自由さ
そして見る人に与えてくれる創造力

目にとまり
引き返すほどの力を持ったその看板は
きっとそんなこと狙ってなかったんじゃないかなって
思います(わからないですけどね。それも戦略だったりして)
人目につかないからとりあえず出しただけなのかも知れない

好奇心をそそってくれるもの
それはとてもシンプルで素直で
自然体であるもの
だから追求したい、その先にあるものに出会いたい、
そんな気持ちを生み出してくれるような気がする

一枚の看板からまたいつものように
空想妄想を繰り広げ、勝手にワクワクを募らせたのでした
入れなかったから、なお焦らされてる感半端なく
それがこのブログにまで書くという衝動を生んだのですね

「パン」あっぱれです


千葉のとあるパン屋
ISO 100
1/800
f 4