FEEL
感じるままに

#15 冬の桜

2019年02月11日

 


とある雨上がりの夕方。
斜めに入ってくる光に呼ばれて
急いで帰宅し荷物を降ろして一眼片手に出かけました。
数分遅かった。
夕方の光は待ってくれない。
ちょっと落胆気味に歩いていたら、静かな歩道に真っ赤な列を見つけました。
雨を受けて潤い高くきらめく紅。
ここは立ち止まらない私ではありません。

あとで調べたらどうやら ”オタフクナンテン” という植物のようでした。
晩秋に紅葉する、とありましたが、もう春ですね。
深い紅色は冬に合う。
それをわかって色付いたのでしょうか。

それで気を良くした私はさらに足を伸ばします。
4月にあると人で賑わう桜通り。
葉が落ち丸裸にされたそれは
とても繊細で、でも寒さで生き抜く強さを持っている。



どうも冬の桜は手招きしているように見えてならない




繊細そうで、芯は強く、吸い寄せられる魅力を持った冬の桜。
どうにも女性を感じるのは
春よりも冬。


ISO 100
上 1/125 f1.8
中 1/125 f2
下 1/500 f1.8